お遍路さんはツアーがオススメ 四国 愛媛 情報

お遍路さんはツアーがオススメ

お遍路さんをしたい。でも、労力も金額も、キツイものがある。そこで、ツアーなどが、どれほどいいか?検証してみました。

確かに、正統な歩き遍路は、四国の美しい自然と人の温かさにふれ、達成感は格別。自身の見つめ直しが、出来ます。マイペースでお寺をじっくり味わえ、人に対する気遣いも要らず、正に一人修行と言う感じ。

被る笠に書きつける同行二人、弘法大師と共に歩む感じです。

四国には同行二人以外にも、お接待という言葉があって、地元の人がお遍路さんに食事や宿を提供する風習も。

しかし、簡単にはできません。比較的健脚であっても10kg近くの荷物を背負って、1日かけて山を登らないといけないお寺、歩けなくなってもタクシーですら無い区間、宿泊施設すら無い区間が、けっこうあるのです。
それゆえ、7割ぐらいが、歩きでの達成は諦めるとか。
だいたい45日から60日ぐらいかかります。
費用も宿泊費・昼食代・納経代・交通費など、できるだけ安く抑えて50万円ぐらいかかります。
先達が付いていないので、お遍路の作法やお寺の由来、般若心経が分からず、歩いて機械的にご朱印を取る、
ハードなスタンプラリーに陥ってしまう場合も。
バスツアーの遍路は、西日本の山陽・近畿・愛知が多く、日帰り・1泊2日程度のツアーを何度か組み合わせます。募集型のバスツアーは、1番~88番までを日帰り・1泊2日の行程を、12回~15回に分けて回るようになっている場合が多いようです。
ツアーには、先達が大抵はついていて、わからない点は何でも聞けます。一例を取ると、四国八十八ヶ所と高野山めぐり11日間で、275,000円です。そう、10万円余り安くできるのです。

ただ、関東から東の地区では、あまり無く、団体行動で、自由行動があまり無く、納経している間は、みんなで待たないといけません。
あ、歩き遍路でもこうしたバスツアーの遍路とかち合うと、待たされますが。
また、じっくりお寺を味わえず、駆け足的に回らなければなりません。

お遍路の割には、自身と向き合う感じが、しないのです。
加えて、バスは門前まで入れません。
かなり歩かなければならないお寺が多く、バスツアーだから楽、なんて思っていたら、大変です。
それに、知らない人と接するのが苦手な場合は、苦痛だったりします。そんな場合は、先達資格を持った、タクシー運転手の、タクシーでの遍路がいいでしょう。
他には、レンタカーでの遍路・自家用車での遍路も、ありです。バスツアーより若干高くつきますが、こういうアプローチもあるのです。

関連記事

ランキングに参加中

ページ上部へ戻る